JR目白駅から徒歩7分の内科,消化器内科,外科,消化器外科,肛門外科

〒161-0033
東京都新宿区下落合3-21-3-1F

03-3565-5788

メニュー

禁煙外来

吸い殻の画像

禁煙は治療できる「病気」です

やめようと思っていても、やめたくてもやめられない状態を依存といいます。
薬物のために自分をコントロールできない状況は治療の対象になります。

喫煙の本質はニコチン依存症です。

ニコチンが体の中からなくなりそうになると、たばこを吸って体の中にニコチンを補給します。
この無限の繰り返しが何十年にもわたる喫煙習慣の正体です。

たばこ依存症スクリーニングテストでニコチン依存度を評価し、依存度が高い場合は治療が必要になります。
意思の問題だけでなく、たばこがニコチンという薬物の依存症であるという認識を持ち、治療が必要であるという認識が必要です。

禁煙治療は保険が適用できます

健康保険で禁煙治療を受けるには次の要件を全て満たす必要があります。

  1. ニコチン依存症を診断するテスト(スクリーニングテスト)で5点以上
  2. [1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数]が200以上
  3. 1カ月以内に禁煙を始めたいと思っている
  4. 禁煙治療を受けることに文書で同意している(問診票などに、日付や自分の氏名を書きます。)

禁煙治療の流れ

健康保険を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を受けます。
診察に行くと、はじめに喫煙状況などから健康保険などで治療が受けられるかをチェックします。
毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受ける他、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。お困りの方はご相談ください。