JR目白駅から徒歩7分の内科,消化器内科,外科,消化器外科,肛門外科

〒161-0033
東京都新宿区下落合3-21-3-1F

03-3565-5788

メニュー

経鼻内視鏡検査

  • HOME
  • 経鼻内視鏡検査

目白ブライトクリニックでは痛み・嗚咽感の少ない内視鏡検査を行っております。

内視鏡機器画像

内視鏡による検査は、外からでは確認できない身体の中を、先端にレンズが付いた管を口や鼻から差し入れ観察し、場合によって処置を行ったり治療をするために行います。

当院では、病変の早期発見に威力を発揮する新しい「電子内視鏡」を導入し、食道、胃、十二指腸など上部消化管のあらゆる病気の診断、治療を行っています。この電子内視鏡は、スコープ(管)の先端に内蔵されている超小型の個体撮像素子によって、クリアに消化管の様子をモニター画面に映し出すことができます。

また、当院の内視鏡検査には2つの特徴があります。

スコープ画像

1.痛み・嘔吐感の少ない経鼻内視鏡と新しい電子内視鏡システム

内視鏡を口から挿入する場合、喉の奥にある舌根にスコープが接触してしまうため嘔吐感(咽頭反射)と窒息感に悩まされる患者さんは少なくありませんでした。
それに対し、当院が使用する経鼻内視鏡は鼻からスコープを挿入するため、スコープが舌根部に接触することなく消化器に到達するので、嘔吐感はほとんどありません。その際には、麻酔剤を鼻腔内に塗布するので痛みもほとんどありません。
また、この度導入したフルデジタル電子内視鏡システムによって、これまでよりも鮮明な高画質画像を描出できるようになりました。
これに伴い、より診やすくよりフレキシブルになったことで内視鏡における病変の早期発見と診断の向上が期待できます。

院長 正岡 直子

2.女性医師による診断

当院では日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医でもある院長が、直接検査を行います。
また、女性医師目線の十分に配慮した検査・診療を行っています。
検査を受けようとお考えの方は、どうぞお気軽にご来院ください。

血液をサラサラにする薬を服用中の方への注意点

心臓病、脳血管障害、動脈閉塞症などの治療中の方は、血栓ができるのを防ぐために、血液をサラサラにする薬を飲んでいる場合があります。
そういったお薬を飲んでいる方が検査を受ける時には、お薬の服用を一時的に止めていただく場合があります。ジェネリック医薬品についても同様に、服用を止めていただく対象になります。
つきましては、現在服用しているお薬、また最近まで服用していたお薬について、事前に必ず医師に伝えてください。

内視鏡洗浄機画像

内視鏡の洗浄と消毒について

内視鏡を介してウイルスや菌の感染が問題になっています。
そこで当院では、院内感染対策として「内視鏡洗浄消毒機」を導入しておりますのでリスクが少なく検査をお受けいただけます。
使用した内視鏡は一人一人の患者さんごとに本機器にてきちんと洗浄・消毒を行っています。
また、患者さんの感染対策と同様スタッフの感染対策にも力をいれています。